ウイメンズライフコーチYoshief の日記のようなものです


by Yoshief
カレンダー

<   2013年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

編める人になるには

a0224950_16292831.jpg


 すっきりと晴れて、3月下旬なみに暖かくなるという予報です。
 こういう日にはどこかへ梅見にでも出かけると良いのですが、昨日から佳境に入っている編み物をします。

 アラン模様が複雑なので、今までに3回ほどきました。
 4回目にしてやっと、すいすい編めるようになったのです。

 編み物をすると言うと、女子仲間からも尊敬してもらうことが多いです。かつては私も編み物ができる人を尊敬していました。

 そんな私から、これから編み物を始めようというかたに、アドバイスを申し上げますと・・・


 ・ 道具をそろえる。

   ★編み棒とかぎ針

   針は編む毛糸に表示があるので、それに合わせる。
   今すぐ使わなくても、4号~10号くらいまでそろえておくと便利。(極太毛糸を使用する場合は、糸にもよるが12~15号の針が必要)

   編み棒には、長いものと短いものがあるが、マフラーなど小物を編むのには短い編み棒が便利。
   輪編みができる便利な針もある。

   ★編み目記号と編み方だけが書かれた本を一冊。

   ★定規、メジャー、はさみ、段数マーカー、綴じ針(細いのと太いのと二種類)

   ★シャーペン、赤ペン(消せるボールペンがあれば便利)

   ★編図の拡大コピー(はっきり大きく見えるように拡大する)

   ★編図に含まれる編み目記号の編み方のコピー
    編んでいる途中に、いちいち本を開かなくても良いようにあらかじめ必要な記号についてコピーしておく。

    


  広いテーブルに、編図と編み目記号のコピーを並べ、その他必要な用具もテーブルの上に置いて、編み始めたら立たなくても良いようにしておく。

  編んでいる段を間違えないように、定規で現在のラインを押さえながら編み進める。

  途中で手を止める場合は、段終わりまで編んで、図の編み終わった段の余白にチェックを入れておく。


  ★★★ まったくの初心者は、表編と裏編だけで、一玉編んでみる=基礎練習

  ★★★ 基礎練習が終わったら、編みたい作品の編図を用意して、そこに出てくる記号を練習する。

  ※毛糸は、基礎練習をほどいたものを使うと良い。
    一度編んだ毛糸は、ほどくとラーメン状にクセが出る。
    やかんに湯をわかし、注ぎ口から出る湯気に毛糸をひっぱりながら当ててクセをもどすと編み直しがしやすい。

  ※記号の練習は、それだけを編んでも模様がよくわからないので、表編を二段編み、三段目に記号を入れて編み、四段目五段目は表編だけで編む・・・というように、模様を二段ごとに入れるようにするとわかりやすくなります。


  よほどの熟達者でないと、初めて見る記号は上手に編めませんので、本編みを始める前に練習編みは必要です。

 【 注意点 】

  ・ 棒針編みの場合は特に、針先で毛糸を割らないように、慎重に針を動かすこと。

  ・ 図を見るとき裏編みと表編みを間違えないこと。

  ・ 編んでいる途中で「糸がきついな」、「ひっかかりを感じるな」と思ったら、間違っている場合が多いので、無理に編み進まずに点検すること。

  ・ 一段編むごとに、目数を数え、増えたり減ったりしていないか確認する。


 何より大切なことは、間違えることを恐れないことです。

 はじめのうちは間違えたときに、その部分だけをリカバリーすることが難しいので、全部ほどくことになると思いますが、ほどくこと、最初からやり直すことを嫌がると上達しません。


 私は、間違いを放置して先に編み進めることをしないことを心に誓っています(笑)

 目数が増減していなければ、編み進むことは可能ですし、ほんの小さな間違いは、他人にはわからないかもしれません。でも、間違った編地は汚いのです。

 せっかく時間をかけて編み、長く身に着けるものですから、間違いのないきれいな作品に仕上げましょう。

 




  
[PR]
by Eclairer_Japon | 2013-02-28 10:14 | handmades

そごう藪

a0224950_12533156.jpg


昨日火事になった神田藪そばを応援するつもりで、ランチに来ました。
早く、復活してほしいものです。
[PR]
by Eclairer_Japon | 2013-02-20 12:50 | 日記
a0224950_22331687.jpg

a0224950_22331777.jpg

a0224950_22331818.jpg

a0224950_22331834.jpg

a0224950_22331969.jpg


イル・テアトロにて、蟹づくしのお料理と、ワゴンから好きなだけ取ったスイーツ。

ふだん、ゆっくり話す時間が少ない友達と4時間も話してしまいました。

8年ぶりに着物を着たら、お太鼓がうまく結べず、焦りました。
これからは、毎日着付けの練習をして15分で着られるようにしようと決意しました。
[PR]
by Eclairer_Japon | 2013-02-16 22:25 | 交友録

バレンタインデイ イブ

a0224950_2234910.jpg


夫に贈った、リサガスのチョコ001.gif
[PR]
by Eclairer_Japon | 2013-02-13 22:32 | 歳時記

我が家のお雛様

a0224950_8544533.jpg


今年も玄関に小さいお雛様を飾りました。
[PR]
by Eclairer_Japon | 2013-02-13 08:52 | 歳時記

日産本社ビルにて

ムラーノ最新車
a0224950_0474216.jpg




エクストレイル
a0224950_0474453.jpg

a0224950_0474531.jpg

a0224950_0474638.jpg


いろいろなジューク
a0224950_0474742.jpg

a0224950_047472.jpg

a0224950_0474836.jpg

a0224950_0474841.jpg

a0224950_0474983.jpg

[PR]
by Eclairer_Japon | 2013-02-10 00:43 | 町ネタ

シカゴみたいな風景

a0224950_041618.jpg

a0224950_041738.jpg


だけど横浜003.gif
[PR]
by Eclairer_Japon | 2013-02-10 00:39 | 好きな場所

燗の酒

a0224950_20591871.jpg


 梅の花が咲くか咲かないか、そんな底冷えのする春の夜。

 燗酒としゃれ込むのも日本人に生まれた幸せ。

a0224950_20472587.jpg

 (zamira01さんのブログからお借りしました)


 連休にて候なれば、明日の朝の憂いもなく、

 旨いものを食べ、酒を飲み、痒いところに手の届くような、心地よい話をして、

 夜の更けるまま、だらだらと過ごすのも良いね。

 
[PR]
by Eclairer_Japon | 2013-02-09 21:02 | 日記

今日もボール遊び

a0224950_22302259.jpg

ん? なに?

a0224950_22302249.jpg

気のせいかしら?

a0224950_22302344.jpg

ボールを見ると噛みたくなっちゃう


ママンは今日もボール遊びをしてくれました。

リードをつけたままなので、私が走るとママンも走るのよ。

なんで、急にこんなことを始めたかというと、私が伸びた爪を噛むので、爪がすり減るように、アスファルトの上で私を走らせたいの。
運動にもなるしね。

ボールが転がれば、追いかけたくなるけど、ほんとは、がじがじ噛むほうが好き001.gif
[PR]
by Eclairer_Japon | 2013-02-08 22:21 | 犬の生活

愛車

a0224950_1114473.jpg


 我が家の愛車、ムラーノはすでに8年乗っていて、距離も8万キロ以上になります。
 一昨日の夜、車通勤をしている夫が、運転中にへんな音がすると言って帰ってきました。
 それで今朝、出勤前に日産さんに検査に出したのですが、どういう結果が出るか心配しています。


 この前の車はハリヤーで、乗っていたのは4年くらいだと思いますが、距離数が結構いっていたので、ぎりぎり下取り価格が出るタイミングでした。

 それでも、売るとなって連れて行かれた日には泣いてしまいました。

 ハリヤーを買ったのは、まだ苦楽園(西宮市)に住んでいた頃で、西宮から三島、三島から長野、長野から八ヶ岳、八ヶ岳から西宮・・・なんて強行軍や、奈良の大宇陀から、和歌山の熊野山と高野山を経由して、西宮に帰るだとか、ふとした思いつきで夜の9時から夜通し福井まで走って帰ってくるなんていう、バカな夫婦の旅につきあってくれた車だったのです。
 横浜に来てからも伊豆や長野までよく走ってくれました。

 そんな旅の思い出を思い出していると、「まだ壊れていなかったのに私たちが手放したせいで、どこへ売られていくことになるんだろう?」「次のユーザーはどんな人なんだろう?」と、車というよりも馬を手放すかのような後悔がわいてきて涙が止まらなかったのです。

 今のムラーノは「ムラーノ・カベルネ」と言って、シートがカベルネ色(赤っぽいオレンジ)の皮張りなのが特徴です。
 限定100台というのと、格好よさと、走りの良さで購入を決めましたが、代わりに売られたハリヤーが可哀そうだったという思いがつきまとって、私は夫ほど可愛がっていたとは言えません。

 ガソリン価格が高くなったり、犬を飼ったので気軽にお泊りの旅ができなくなったり、夫の仕事が忙しくなったり・・・理由はいろいろですが、ハリヤーほどには乗った記憶がなく、愛着も薄いのですが、もう、二度と車を売って悲しい気持ちにはなりたくないという思いで、ムラーノは廃車にするまで乗るつもりでした。

 今朝、夫にそう言うと、「前にそんなこと言ってたから、そのつもりだったけど」とのこと。
 これ以上ポンコツになると、下取りどころか、廃車にするのにお金がかかるようになるかもしれないとも言っていました。

 私としてはお金がいくらかかったにしても修理して、最後まで乗りたいと思います。

 下取り金額を使って新車を買うというほうが、お得なのかもしれませんが・・・。
[PR]
by Eclairer_Japon | 2013-02-08 11:47 | 日記