ウイメンズライフコーチYoshief の日記のようなものです


by Yoshief
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:交友録( 9 )

 私が遠方に転居するとお知らせしたので、Yさんがお誘いくださって、KIHACHI高島屋横浜にてお食事しました。

 写真は頂いた季節のコースです。

a0224950_2242813.jpg
a0224950_22422217.jpg
a0224950_22423590.jpg


 Yさんと食事をするときは、お話が楽しすぎて、どんなに美味しいものでも何を食べたか記憶に残らないのが常なのですが、今回のKIHACHIさんは、その美味しさがしっかりと記憶に残りました。


 Yさんも転勤族の妻なのですが、幸か(もしくは不幸か)、関東近辺の転勤しか経験していらっしゃらないとのこと。しかし持ち前の洞察力で、私の転居先選びに鋭いアドバイスをいただきました。

 いわく・・・

 ・ 少しぐらい騒々しくても街中で家を選んだほうが便利で良い。

 ・ 地方都市には私たちが想像するような郊外、(適度な密集具合で家があり、その人口に見合った商業施設が適度な距離にある、閑静な住宅街のようなもの)は無いと心得よ。


 Yさんは少し私よりお姉さんなのですが、聞くところによると仲睦まじいご家庭に生まれ、ご兄弟仲も良く、学生時代も、独身時代も、恋愛も、結婚も、順風満帆な人生を歩み、 お子さんにも恵まれ、どのお子さんも頭も器量も性格も良く育ち、結婚適齢期にちゃんと結婚し・・・と、とにかく、何もかもがすべてうまくいっている、「赤毛のアン」の物語のように幸せな人生を生きている方です。

 たいていの場合、そういう方はノホホンとして、ちょっと無神経だったり気がきかなかったりするものですが、Yさんは目から鼻にぬける頭の良さで、ご自身が経験していないことにも鋭い洞察力が働きます。

 またもや一般論を言いますと、たいていの場合そういう頭の良い人は、自分以外の人をバカにしたり、冷たい目で見ていたり、厳しい判断基準でふるい落としたり、意地悪かったりするものですが、Yさんは人を見る目が温かいのです。

 そして、どんなにイヤな奴のことでも、ユーモアたっぷりに受け止めて、嫌うとか意地悪するということがありません。


 金銭面でも愛情面でも、困ったり苦労したりしたことがないのに、怜悧で明晰な頭脳を持ち、そしてしかもハートが温かくて親切・・・そんな、稀有な人なのです。


 まあ、だから尊敬しているのですが・・・

 昨日も忙しい出張の合間に、私へのプレゼントを用意してくださって、あまつさえ、KIHACHIでご馳走してくださる・・・・

 まったく見習うべき女性です。


 ブログ上ではありますが、お礼申し上げます。


 そしてアドバイスどおり、前向きにこの人生の変化を楽しみます! 

 
[PR]
by Eclairer_Japon | 2013-03-06 23:19 | 交友録

緊急定例会

a0224950_9415774.jpg


 私が遠方へ転居することになったため、緊急の定例会を催しました。

 私は、生まれてこのかた政令指定都市にしか住んだことがないひ弱な人間なので、これから行く北国の町にいささかひるんでおりました。
 犬は屋外で飼うものという常識があるらしく、ペット可の賃貸物件がゼロであることなど、トイレが水洗でないのではないかという疑惑があることなどが、雪の多さとともに胸をふさいでいるひとつの要因で、Aさんに会うまでは、気持ちも沈みがちでした。
 でも、会ってあれこれ話していると、話すだけでも気が晴れ、楽しい時間を過ごすことができました。

 Aさんとはかれこれ19年か20年くらいのおつきあいで、東京生まれ東京育ちの彼女と神戸生まれ神戸育ちの私が知り合ったのは、東京で行われていたフランス語のトマティスメソッドに参加したときのことでした。

 ほんの一週間ほどでしたが、毎日飯田橋のラボで顔を合わせている間にお昼ご飯を食べるようになり、それから遠距離であるにもかかわらずお付き合いが続きました。

 途中、Aさんがサンフランシスコに行っていたりもしましたが、11年前に私が横浜に転居してから、時々会い、それを月に一度の定例会に格上げして、8年くらいになるでしょうか。いつでも楽しいお話ができる素敵な関係です。

 これからはまた何年間か、そうそう気軽に会えない期間が始まりますが、お互いに天災に気を付けて、また月一の定例会を復活できるように願っているところです。
 
[PR]
by Eclairer_Japon | 2013-03-05 09:44 | 交友録
a0224950_22331687.jpg

a0224950_22331777.jpg

a0224950_22331818.jpg

a0224950_22331834.jpg

a0224950_22331969.jpg


イル・テアトロにて、蟹づくしのお料理と、ワゴンから好きなだけ取ったスイーツ。

ふだん、ゆっくり話す時間が少ない友達と4時間も話してしまいました。

8年ぶりに着物を着たら、お太鼓がうまく結べず、焦りました。
これからは、毎日着付けの練習をして15分で着られるようにしようと決意しました。
[PR]
by Eclairer_Japon | 2013-02-16 22:25 | 交友録

隠れ家で新年会

a0224950_9592353.jpg




a0224950_9592389.jpg


a0224950_1054125.jpg


a0224950_1073161.jpg

a0224950_1073192.jpg



a0224950_9554277.jpg




表参道の隠れ家みたいなBARで新年会。

オーナー思い入れのお酒と、調度品で、とっても素敵なお店でした。

ジュークボックスの中には、私年代の人が懐かしがる洋楽と邦楽ばかり。

会員制ではないけれど、誰かの連れでないと入れないので、実質会員制かも001.gif

昨日はできなかったけれど、特急酒と今市販されているお酒の飲み比べも次回はしたいかなと思いました。

a0224950_9554310.jpg


これは、山形に行かないと食べられないこんにゃく料理。
とてもこんにゃくとは思えない、別次元の一品でした。
[PR]
by Eclairer_Japon | 2013-01-23 09:40 | 交友録

新年初めての昼食会

a0224950_1814567.jpg


ライターズの面々で、韓国料理を楽しみました。

本物の韓国人の方がなさっているお店で、何もかもがあっつあつで、とても美味しかったです。
外の寒さから逃れて、湯気の立つ鍋を囲んでする談笑は格別ですね。

良い思い出になるであろう、ひと時でした。
[PR]
by Eclairer_Japon | 2013-01-12 18:04 | 交友録

今年最後の夕食会

a0224950_942364.jpg


 いつも忙しいYさんから、メールでお誘いがあり、師走のひと時をご一緒することになりました。

 以前勤めていた会社に同期入社したご縁で、かれこれ8年くらい仲良くしていただいている方です。

 良家の奥様で、子育ても一段落ということで社会復帰なさったときに知り合ったのですが、今では管理職をしていらっしゃいます。

 7時半くらいにということでお約束しましたが、年末のことで、なかなか帰ることができず、8時20分くらいに急いた様子で、待ち合わせの場所にいらっしゃいました。

 遅れたことをずいぶん詫びてくださったのですが、そこは元同僚。7時半と言って7時半にぬけられる会社でないことは重々承知の上でしたから、「織り込み済みですから大丈夫」と答えました。

 そごうの上階のイタリアンレストランに誘ってくださって、コースもまだ頼めるということでしたので、あれこれ選ぶ手間をはぶいて、コースを頼み、生ビールで乾杯してから、一年以上会っていない間の互いの近況を披露しあいました。

 ご親族のご不幸や、お子様の慶事、お姑さんの入院など、仕事の忙しさもさることながら、プライベートでも激変の年だったようでした。

 しかし驚いたのは、いつも素敵で活発で、笑顔の絶えないYさんが、長い間更年期障害に苦しんでいたことを聞いたときでした。

 もう帰ろうと、下りのエレベーターをさがしていたときでしたので、詳しく聞くことができなかったのですが、家事も仕事も、観劇や小旅行なども、エネルギッシュにこなしていらっしゃるのを、8年間、羨ましく思っていただけに、とても意外でした。

 ほんの2時間ほど、互いに早口になって近況を伝えあうだけになったので、できればもう少し、ゆっくりと時間を取ってお話できたらなあと思います。

 でもそれは、彼女が定年退職でもしないかぎりは無理でしょうね。

 「あなたもこれから介護が始まるから、今好きなことをしておいたほうがいいわよ」と別れ際に言ってくれた言葉が身に沁みました。



 

 

 
[PR]
by Eclairer_Japon | 2012-12-28 10:07 | 交友録

クリスマスプレゼント

a0224950_0281974.jpg


a0224950_0292251.jpg




いつも定例会を一緒にしているAさんからのクリスマスプレゼントが、届きました。

 22日、彼女の体調が悪く会えなかったからです。


 フェルトの帽子は、今度会うときに、グレタ・ガルボ風にお化粧してかぶって行こうと思います。

 JILLSTUARTのバスソルトは、ソルトを入れるためのオーガンジーの小袋もついています!

 アロマティックホワイトフローラルブーケの香りということですが、甘く、スパイシーな、複雑な香りがバスルームに広がって、とても気持ち良いです。

 セットになっているボディミルクも同じ香りがして、眠る前に体につけると、とてもロマンチックな気分で眠ることができます。
[PR]
by Eclairer_Japon | 2012-12-28 00:30 | 交友録

昼食会

a0224950_0424899.jpg


 ライターズスクールの昼食会。都市センターホテル内、レストランアイリスにて。

 広々とした店内は、床から天井まで一面の窓から入る外の光で明るく、とても落ち着く空間でした。

 残念ながらこの写真はアイリスのものではありませんが・・・。
[PR]
by Eclairer_Japon | 2012-11-10 18:51 | 交友録

シカゴに行く友達

a0224950_2033223.jpg
 
金平糖の内祝い。



 友達と呼ぶには、いささか年が離れすぎている感もなきにしもあらずなのですが、ちょうど12歳年下になる女性です。

 初めて出会ったとき、私が25歳、彼女は13歳でした。
 そのときは大人と子供でしたが、時が経った今となっては、12歳くらいの年の差はあまり関係ありません。

 成人してから一度、私と友人が主催する昼の集まりに来てくれたのが、顔を合わせた最後で、その頃は、大学院に進学するのだと言っていました。

 ずっとお年賀状だけのつながりでしたが、この夏、結婚したというハガキが来て、美しい花嫁姿を見ることができました。
 そして、結婚を機にシカゴへ行くのだと。

 シカゴといえば、ミュージカルの「シカゴ」をつい思い出してしまいますが、 現在のシカゴは、市の人口は約269万人(米国の2010年版国勢調査)。アメリカNo.2の経済、金融拠点とのこと。ポーランドの首都ワルシャワについでポーランド人が多い都市であるとか、彼女が移り住むというので、ちょっとした雑学が増えました。


 彼女ならきっと、新しい生活を楽しめるだろうと思います。

 
[PR]
by Eclairer_Japon | 2012-10-08 17:53 | 交友録