ウイメンズライフコーチYoshief の日記のようなものです


by Yoshief
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:好きな言葉( 3 )

船の名前

a0224950_1363696.jpg



 海上自衛隊の護衛艦の名前が、美しい。

 
 はるさめ    春雨

 ゆうだち     夕立

 きりさめ     霧雨

 さみだれ    五月雨

 あけぼの    曙


 強そうな感じはしないけれど、いかにも自然とともに生きている日本らしくて良いと思う。
[PR]
by Eclairer_Japon | 2013-02-06 01:42 | 好きな言葉

月々の色

a0224950_1125443.jpg


 想紅(おもいくれない) という言葉を知りました。

 一月の色ということで、寒椿の色のことだそうです。

 深き緋(こきひ)とも。


 十二月の色は、忘れな菫(わすれなすみれ)と言い、雪の上に付いた足跡などの影がブルーグレーの色に見える、そんな色あいのことだそうです。

 
a0224950_11314879.jpg

 ※ 実際の忘れな菫。「昨日を、そして今日をありがとう」ブログからお借りしました。


 十二月の色を調べていたら、「藍白(あいじろ)」という言葉もみつけました。

 藍染の中で一番淡い色だそうです。


 忘れな菫とは、本来は春に咲く菫が十二月に返り咲いた「返り咲きの菫」のこと。

 寒さのなかで可憐に咲く姿に忘れないでねという気配を感じ取った昔の日本人の感性は素敵ですね。




 二月は、恋待蕾(こいまちつぼみ)と言い、蕗の薹が土から顔を出したような色ということです。

 淡い緑、フレッシュグリーンというところでしょうか。


 三月、夢宵桜(ゆめよいざくら) 春の朧に浮かぶ可憐な山桜の色


 四月、花舞小枝(はなまいこえだ) 春風に揺れる花を支える小枝の色

 幹色とも。


 五月、初恋薊(はつこいあざみ) アザミの深い紫の色



 六月、憧葛(あこがれかずら) 五月雨が葛の葉を濡らして輝くような緑色



 七月、咲初小藤(さきそめこふじ) 初夏の光に輝く紫つゆ草の淡い紫色



 八月 夢見昼顔(ゆめみひるがお) 真夏の野に咲くはかなげな昼顔の色
 
 薄蘇芳(うすすおう)とも。


 九月 恋路十六夜(こいじいざよい) 天に月冴えるころの夜空に似た、深い紺色



 十月 想紫苑(おもわれしおん) 風立つ秋の野に咲き乱れる桔梗と紫苑の紫の色



 十一月 染紅葉 (こいそめもみじ)  秋の残り陽に照る紅葉のあたたかい赤の色


 日本人には本当に繊細な感性がありますね・・・
[PR]
by Eclairer_Japon | 2013-01-29 12:08 | 好きな言葉

風除け室

a0224950_19544449.jpg


三協アルミさんのサイトから写真をお借りしました。


 風除け室(カゼヨケシツ)。今日知った言葉です。

 北海道など寒冷地で、寒い外気が直接室内に入ることをふせぐため、玄関の外に張り出すように設けられている部屋。閉塞感をなくすため、ガラス張りのことが多いとのことです。


 以前、富山市に友人の喫茶店を訪ねたとき、道路からすぐの扉をあけると、小さいスペースになっていて、次の扉をあけると、店内になっていました。

 また、実写の映画「赤毛のアン」を見たとき、グリーンゲイブルスの入り口も、友達の店のように玄関ホールのところに小さいスペースがありました。

 あのスペースのことを風除け室と呼ぶとは知りませんでしたが、私には珍しく、とても優雅に思えます。

 
[PR]
by Eclairer_Japon | 2012-11-29 20:03 | 好きな言葉