ウイメンズライフコーチYoshief の日記のようなものです


by Yoshief
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:handmades( 7 )

編める人になるには

a0224950_16292831.jpg


 すっきりと晴れて、3月下旬なみに暖かくなるという予報です。
 こういう日にはどこかへ梅見にでも出かけると良いのですが、昨日から佳境に入っている編み物をします。

 アラン模様が複雑なので、今までに3回ほどきました。
 4回目にしてやっと、すいすい編めるようになったのです。

 編み物をすると言うと、女子仲間からも尊敬してもらうことが多いです。かつては私も編み物ができる人を尊敬していました。

 そんな私から、これから編み物を始めようというかたに、アドバイスを申し上げますと・・・


 ・ 道具をそろえる。

   ★編み棒とかぎ針

   針は編む毛糸に表示があるので、それに合わせる。
   今すぐ使わなくても、4号~10号くらいまでそろえておくと便利。(極太毛糸を使用する場合は、糸にもよるが12~15号の針が必要)

   編み棒には、長いものと短いものがあるが、マフラーなど小物を編むのには短い編み棒が便利。
   輪編みができる便利な針もある。

   ★編み目記号と編み方だけが書かれた本を一冊。

   ★定規、メジャー、はさみ、段数マーカー、綴じ針(細いのと太いのと二種類)

   ★シャーペン、赤ペン(消せるボールペンがあれば便利)

   ★編図の拡大コピー(はっきり大きく見えるように拡大する)

   ★編図に含まれる編み目記号の編み方のコピー
    編んでいる途中に、いちいち本を開かなくても良いようにあらかじめ必要な記号についてコピーしておく。

    


  広いテーブルに、編図と編み目記号のコピーを並べ、その他必要な用具もテーブルの上に置いて、編み始めたら立たなくても良いようにしておく。

  編んでいる段を間違えないように、定規で現在のラインを押さえながら編み進める。

  途中で手を止める場合は、段終わりまで編んで、図の編み終わった段の余白にチェックを入れておく。


  ★★★ まったくの初心者は、表編と裏編だけで、一玉編んでみる=基礎練習

  ★★★ 基礎練習が終わったら、編みたい作品の編図を用意して、そこに出てくる記号を練習する。

  ※毛糸は、基礎練習をほどいたものを使うと良い。
    一度編んだ毛糸は、ほどくとラーメン状にクセが出る。
    やかんに湯をわかし、注ぎ口から出る湯気に毛糸をひっぱりながら当ててクセをもどすと編み直しがしやすい。

  ※記号の練習は、それだけを編んでも模様がよくわからないので、表編を二段編み、三段目に記号を入れて編み、四段目五段目は表編だけで編む・・・というように、模様を二段ごとに入れるようにするとわかりやすくなります。


  よほどの熟達者でないと、初めて見る記号は上手に編めませんので、本編みを始める前に練習編みは必要です。

 【 注意点 】

  ・ 棒針編みの場合は特に、針先で毛糸を割らないように、慎重に針を動かすこと。

  ・ 図を見るとき裏編みと表編みを間違えないこと。

  ・ 編んでいる途中で「糸がきついな」、「ひっかかりを感じるな」と思ったら、間違っている場合が多いので、無理に編み進まずに点検すること。

  ・ 一段編むごとに、目数を数え、増えたり減ったりしていないか確認する。


 何より大切なことは、間違えることを恐れないことです。

 はじめのうちは間違えたときに、その部分だけをリカバリーすることが難しいので、全部ほどくことになると思いますが、ほどくこと、最初からやり直すことを嫌がると上達しません。


 私は、間違いを放置して先に編み進めることをしないことを心に誓っています(笑)

 目数が増減していなければ、編み進むことは可能ですし、ほんの小さな間違いは、他人にはわからないかもしれません。でも、間違った編地は汚いのです。

 せっかく時間をかけて編み、長く身に着けるものですから、間違いのないきれいな作品に仕上げましょう。

 




  
[PR]
by Eclairer_Japon | 2013-02-28 10:14 | handmades

今日は編み物ざんまい

a0224950_9364893.jpg


アラン編みの帽子を編み始めました。
毛糸玉の2012年、冬の特大号に載っているもので、難易度が高いので、年末から放置していました001.gif

複雑な模様なので、神経使いますが、編めて来ると楽しいです001.gif
[PR]
by Eclairer_Japon | 2013-02-07 09:30 | handmades
 二目ゴム編で編んだだけの簡単なもので、写真に写すほどのものでもないので、写真は無しです。

 二目ゴム編の編止まりを、綴じ針でする方法は、難解すぎたので、棒針で伏せてしまいました。

 そのとき糸をゆるく編むのがポイントです。でないと、せっかくのゴム編がのびなくなってしまいますから。


a0224950_013691.jpg


 これはランチについてきたデザート。
[PR]
by Eclairer_Japon | 2012-12-20 00:14 | handmades

しきりのカーテン

a0224950_065824.jpg


 玄関と廊下の間に扉がないので、仕切りのために作ったカーテンです。

 壁に合わせてオフホワイトにしたので味気ありませんが、これ一枚かけると、部屋の中の温かみが抜けないので、廊下でもひんやりすることがありません。

 去年作りましたが、今年も本日かけました。
[PR]
by Eclairer_Japon | 2012-11-27 00:10 | handmades
a0224950_23212687.jpg


 全体の写真がどうも可愛らしく撮れないので、袖のみで失礼します。


 カシミアがまじった糸なので、温かくて重宝しそうです。

 
 袖の長さが肘までなので、何をするにも便利です。
[PR]
by Eclairer_Japon | 2012-11-25 23:23 | handmades
a0224950_23295583.jpg


 本日、12時半まで編み物教室でケープを編み、13時半にイギリス館で開催される、「元木はるみさんの横浜ローズストーリーとローズのクリスマスリース作り」に参加しました。

 あらかじめ、フロッキーヒバがかざりつけられた蔓のリースに、白とグレイッシュピンクのブリザードローズ、アイビー、プザーブドアジサイ、金色や銀色や、グレーがかった白に塗られた、まつぼっくりや実ものを、接着剤でつけていきました。

 本来なら2時間くらいの作業を、あとにお茶会が続くため、1時間ほどでやり遂げました。

 クリスマスリースなので、常緑樹を使うこと、飾りの流れが一定方向であること。
 (飾りの流れとは、アイビーの葉を飾り付けるとき、葉の先が一定方向を向いているということです)

 アレンジはどのようであっても間違いではありませんが、輪の上に三つほどのポイントを作ると、アクセントができてきれいに見えるということでした。


 
a0224950_23492145.jpg


 スポード社の茶器、ブルーイタリアンで頂いた、クリームティー。

 お茶は、ジン社のJING Assam Breakfast Black Tea(ジン・アッサム・ブレックファースト・ブラックティー)。

   JING TEAとは、2004年にエドワード・アイズラーによって設立された、ロンドンと香港に拠点を置く、英国のティー・カンパニーです。徹底的に品質にこだわり、わずか創設7年で、世界で500以上のトップホテルやレストランが、ジン社のお茶を使うようになったとのことです。


 紅茶のプロが5分蒸らして入れた、そのお茶は、ストレートで飲むと渋みが強めに感じられましたが、ミルクを入れると、その渋みが旨みに変わりました。

 奥の深いお茶だと思いました。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 クリスマスの飾りつけを始めるにはまだ早い(今年の待降節の第一主日は12月2日)けれど、夫にリースを見せるために玄関に飾ってみました。

 夫曰く、「少し赤みがたりないなあ」って。

 たしかに世のクリスマスカラー(赤と緑)ではないけれど。大人びた感じで私は好きです・
 
[PR]
by Eclairer_Japon | 2012-11-22 00:18 | handmades

白いケープの途中報告

a0224950_12223982.jpg


 この写真は一昨年の秋に編んだ二玉マフラーですが、今年も白い毛糸でケープを編んでいます。

 9時半から正午まで、達郎さんのOPUSを聴きながら3段編みました。

 もっとも、半円形の縁のところを編んでいるので、編んで段数が上がるごとに編む長さが長くなって、なかなか進みません。

 昼食後も3時まで編み続けます。
[PR]
by Eclairer_Japon | 2012-11-06 12:33 | handmades