ウイメンズライフコーチYoshief の日記のようなものです


by Yoshief
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ノートに書く習慣

a0224950_22305263.jpg
 こんばんは!
 ウイメンズライフコーチのYoshiefです。

 現在外気温は2℃。
 雪は降っていない様子です。

 今日は雑誌「かぞくのじかん」Vol.30を購入。

 特集「忙しい人のゆとりとテキパキ」をじっくりと読みました。

 挿し絵に、ケトルの乗ったストーブと、その傍らで編み物をする女性の絵や、雪の降る夜を暖かく過ごしている家族の絵があったりして、ほっこりとなごみます。

 「かぞくのじかん」は婦人之友社が出している雑誌です。
 婦人之友社といえば、羽仁もと子さんが100年も前に考案した「主婦日記」も販売している会社で、手帳術のブログ(「ウイメンズライフコーチの手帳術」http://mb.mrs.living.jp/eclaire-japon)を書いている私としては、とても気になる雑誌なのです。

 手帳術についてはまたいずれ書くとして、今日お伝えしたいことは、

 ノートに書く習慣はすごいぞ


 

 ということです。

 私は、本でも雑誌でも読むときに、これはと思うことをメモしています。

 以前は、メモ用紙などに書いていたのですが、それだと紛失してしまうのです(あたりまえのことですが)

 それであるときから、一冊のノートを決めて、それにすべてを書くことにしました。

 特にルールはなく、日付を書いて、走り書きします。

 本などの感想であれば、本のタイトルとページ数を書いておきます。

 検索はしにくいですが、あえてジャンル別にはせずに、時間の経過順にしています。

 人によってはジャンル別にするほうが良い人もいるでしょうが、私の場合は興味を持つ分野がかなり偏っているので、これで良いのです。

 メリットとしては、

 ・アイデアが分散しない

 ・自分の頭の中の変化の過程がわかる

 ・アイデアが深まっていく過程がわかる

 ・いろんなことが雑多に書いてあるので、クロスオーバーして新しいアイデアを生み出すことができる

 ・出典が書いてあるので、記事に引用するときに便利。



 そしてなにより、


 私がメリットだと思うのは、

自分の考えを客観的に見ることができる点です

 
 ぜひ、手帳とは別にノートを一冊用意して、ノートに書く習慣をつけてみてくださいねー053.gif



 

[PR]
by Eclairer_Japon | 2014-12-11 23:08 | アクティヴ・アクツ ノート