ウイメンズライフコーチYoshief の日記のようなものです


by Yoshief
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

たった一つの違い

a0224950_00204886.jpg
 
 私は学ぶのが好きです。
 本を読んだりセミナーに出かけたりして、素晴らしい知識を「新しく知る」ことが喜びです。

 しかし、本当は新しく知ることなど一つもなくて、どれもすでに知っていることばかりだということに、最近気づきました。

 「言葉」で教えられることは知識であり、知識はとても古い起源をもつものです。
 そう、今私たちが聞いている知識のほとんどは、ギリシア時代にも説かれていたことなのです。

 私の友達たちは、たいてい何かを教えている人たちで、彼らどうしでも知識の交換を良くしています。

 そんな彼らを見ていて、ふと気づいた違いについて、今日は書きたいと思います。

 それは、「探し求める人」と「みつけだす人」の違いです。

 「探し求める人」はずっと生徒でいます。同じ教室にいても「みつけだす人」は教師になっていきます。

 「探し求める人」はずっと受講料を払い続け、「みつけだす人」は講演料を受け取る側にまわります。

 「探し求める人」は、同じ知識を何度聴いても飽きることなく、もっと聴きたいと思うのです。

 「みつけだす人」は、一度聴いただけで満足し、次にはその知識を使い始めます。

 「探し求める人」は、知識は使わないと役に立たないことを理解していません。
 彼らは、知識が増えることを望んでいます。
 しかし、知識は古いものが一つあるきりで、新しい言葉で言い換えられただけであり、ほんとうは増えているわけではないのです。

 私は自分が「探し求める人」になっていたんだなと思いました。
 しかし、そう思えたということは、いつの間にか「みつけだす人」になれていたということでもあります。

 どうして変わることができたのかを、書けるときに書きたいと思います。
 


[PR]
by Eclairer_Japon | 2014-11-30 06:00 | アクティヴ・アクツ ノート